知覚過敏の原因

夏はアイスやカキ氷、冷たい麦茶。

冬は歯磨き後のうがいの冷たい水。

虫歯でもないのに、冷たいものや酸味のあるものを食べると歯にしみて「ズキン!」と痛む知覚過敏。

ちゃんと歯磨きをしているのになぜ歯にしみて痛いの?と首をかしげたことってないですか?

歯磨きもただ磨けばいいと思っていましたが、知覚過敏を知って、そうではないことを思い知らせました。

あまり力を入れてゴシゴシ磨きすぎると長い年月を経た後、歯の表面を覆っている硬いエナメル質が削れてくることがあるそうです。
その際、歯の表面を拡大して見ると小さな穴ができ、その穴の向こうには象牙質がむき出しになっています。

象牙質の中には神経が通っているので、冷たい水などがエナメル質の穴から入って象牙質の歯に当たると神経が強い刺激を感じて痛みを伴います。

ですが、エナメル質が削れるのは、力任せのブラッシングだけではありません。

最近では、ストレスから来る歯ぎしりや噛み合わせの悪さからも知覚過敏が起こることがわかってきているそうです。

歯ぎしりなど、硬いエナメル質を持つ歯が互いに擦り合うと歯全体を傷つけてしまうためだそうです。

あのズキン!とする痛さから逃れるためにも、ブラッシングはなるべく柔らかめの歯ブラシを選び丁寧に磨くことと、ストレスをなるべくためない努力をしたいですね。