知覚過敏の対策

知覚過敏の対策を考える際に、まず気をつけたいのが歯ブラシ選び。

歯垢を取るには時間をかけたブラッシングが大事だけれど、自分に合わない歯ブラシで長時間ブラッシングするのも歯の表面のエナメル質を削ってしまい、知覚過敏を引き起こす原因にもなってしまいますよね。

「毛の硬さ」「刷毛部の大きさ」「毛の形状」「毛のカット」などなど、歯ブラシを選ぶポイントは様々…。

歯と歯の間を磨きたい人は山切りカットの歯ブラシを選んだり、奥歯磨きはカーブネックの歯ブラシを選んだり。

また、歯茎が腫れている人などは、やわらかい毛を持った歯ブラシを選んだりと結局、全ての人にとってベストな歯ブラシというものは1つとはいえません。

ただ歯の表面のエナメル質を守るためにおススメの歯ブラシがあります。

それは、歯ブラシの毛先の断面が星型になったもの。

毛先が星型のため、ブラッシングしてもエナメル質の表面をツルツルとすべって傷つけずに、歯垢だけをキレイに取り除くことができます。

そして、フッ素入りの歯磨き粉を同時に使うことでツルツルした丈夫な歯を作ることができます。

歯が「ズキン!」と感じたら、まず歯ブラシを見直してみませんか。